1. HOME
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

会社沿革

昭和8年 故菊地輝吉により培地用原料の製造を目的として創業
昭和27年 法人組織に改め、極東製薬工業株式会社を設立
昭和37年 東京都府中市に府中工場新設
昭和40年 リウマチ様因子測定キット(RAテスト)日本初の商品化
昭和47年 マイクロタイター法による結核菌感受性スペクトル検査用培地を商品化
昭和48年 仙台営業所、福岡営業所開設
昭和49年 現社長菊地博、代表取締役社長に就任
昭和53年 大阪営業所開設
昭和54年 生培地「バイタルメディア」シリーズ発売
札幌営業所開設
昭和57年 積水化学工業(株)の資本参加
名古屋営業所開設
昭和58年 世界初の酵素法によるシアル酸測定キットを商品化
血液生化学検査「シアル酸」保険適用
昭和59年 広島営業所開設
昭和62年 味の素(株)との業務提携により日本初の無血清培地「ASFシリーズ」を製造販売
高知営業所開設
平成元年 茨城県高萩市に高萩工場新設、府中工場より全面移転
平成2年 新技術「乾式造粒法」による顆粒培地「プレメディア」シリーズ発売
平成3年 理化学研究所と共同開発 微量毒性試験用キット「MTX-LDH」発売
病原性大腸菌O157選択培地「SIB寒天培地」発売
米国現地子会社KPI設立
平成4年 世界初遺伝子による分類学手法「DDHマイコバクテリア」「DDHレジオネラ」発売
平成5年 梅毒抗体自動分析用試薬「メディエース®TPLA®」発売
平成8年 O157検査用バイタルメディアの製品化
平成9年 酵母真菌薬剤感受性キット「ASTY」発売
生化学検査「ランピア リキッドS」シリーズ発売
平成11年 中央区日本橋小舟町に本社ビル竣工
「バイタルメディア ピロリ寒天培地」発売
平成12年 高萩工場 品質保証システム ISO 9001認証取得
結核菌検査用2相培地「マイコアシッド」発売
平成14年 設立50周年を迎える
世界に先駆け非定型抗酸菌MIC測定キット 「ブロスミックNTM」発売
平成15年 便潜血精度管理用擬似便「ヘモコントロール」発売
一般細菌薬剤感受性ドライプレート「極東オプトパネルMP」発売
平成16年 大腸菌ベロトキシン検出キット「デュオパス・ベロトキシン」発売
平成17年 最新のERPシステム(PRONES)稼動、臨床検査関連製品に関する品質保証システム国際規格ISO13485認証取得
平成18年 ランピアラテックスシリーズ追加発売
インセパックIIシリーズ追加発売
平成19年 レジオネラキット「Qライン極東 レジオネラ」発売
高萩工場 増改築竣工
環境基準 ISO14001 認証取得
平成20年 4分画の「ヘモフィルス鑑別培地」発売

バイタルメディアの新シリーズとして、腸管出血性大腸菌O26分離用の「CT-RMAC選択培地」と一般分離用の「羊血液寒天培地」、「レジオネラ鑑別培地(BCYEα・GVPC)」を発売

インフルエンザの迅速診断キット「ラピッドテスタ」シリーズ発売
平成21年 バイタルメディアの呈色培地「カラーCandida寒天培地」発売
食品検査用「NHイムノクロマト」シリーズ発売
食品・環境検査用「DDチェッカー」シリーズ発売
心筋マーカー「クリアビューミオグロビン」発売
生化学の「ランビアリキッド」シリーズ更新
平成22年 高萩工場 細胞培養培地用新棟建設
平成23年 世界初のセルロースを培養基材とした新しい微生物培養ツール「EXedia® セルロースプレート」発売
腸管出血性大腸菌O157、O26、O111選択分離用の「CIX寒天培地」発売
平成24年 会社設立60周年
平成25年 イムノクロマト製品の本格的受託製造開始
平成26年 安全性を高めるためプラスチック容器を採用した「2%小川培地」「2%ビット培地」発売
平成27年 高萩工場 イムノクロマト製品製造用新棟建設
平成28年 ヒトiPS/ES細胞用無血清培地「Stem-Partner® Human iPS/ES cells medium」発売

このページのTOPへ